貧困女子の婚活

貧困女子でも結婚できる!って本当!?

お金がないと困る女性

 

仲よしだった親友が結婚したのを機に、私も結婚したいと思い始めました。

 

年齢的にも29歳ということで、結婚適齢期を少し上回っています。

 

さらに仕事も派遣社員で、手取り十万円程度の収入しかありません。

 

俗に言う貧困女子というやつで、貯金もないのに結婚なんてできるのでしょうか?

 

 

仕事はネイルサロンで働いているので、職場にもお客さんにも男性はいません。

 

職場での出会いというのが全くない状況なのです。

 

さらにお金もないので、合コンや飲み会にも参加できません。

 

友達の紹介を頼るという手もあるのですが、独身の貧困女子に男性を紹介してくれるような友達もいません。

 

書いていると改めて思うのですが、本当に出会いの機会がないのです。

 

 

お金がないと婚活もできない!?

婚活しようにも、婚活サービスを利用するお金がありません。

 

無料の出会い系サイトや婚活サイトもありますが、無料だと体目当ての人や霊感商法みたいな人もいるということなので怖くて利用できません。

 

それになんとかして婚活サービスを利用しても、低収入の女性は人気がないと思うんです。

 

最近は男性も収入が伸び悩んでいて、結婚相手の女性の収入を期待する人も多いようです。

 

結婚してから共働きはマストで、専業主婦なんて夢の夢という感じらしいです。

 

収入の高い男性は競争率も高く、若くて美人で家柄の良い人でないと結婚するのは難しいと聞きます。

 

こんな貧困女子の私ですが、結婚できる方法はあるのでしょうか?

 

 

そんなことを思いながら過ごしていると、同じ職場の同年代の貧困女子が婚活サービスを利用して結婚相手を見つけたと聞きました。

 

外見も地味で男受けするほどかわいいわけでもなく、「どうしてあんたに彼氏できるの?」と正直思いました。

 

でも、今となっては彼女の方が成功者です。

 

とにかく自分も結婚相手を見つけたくて、彼女のやってきた婚活を根掘り葉掘り聞くことにしました。

 

 

【注意】
婚活費用がないからと、無料の婚活サービスを利用する人も多いようです。
でも、無料婚活サービスって危険も多いんですよ。
こちらのサイトをみると、無料の怖さが分かります。
サイト:無料で婚活の危険
タダほど怖いものはないっていうから注意が必要で〜す!

 

 

 

 

外国人との結婚を夢見た友人の婚活

私の親友ともいえる友人は、外国人との結婚を夢見ていました。

 

外国人なら誰でもいいかというと、そうではありません。

 

イギリス人に限定されていたそうです。

 

友人はそのために数々の婚活をしてきました。

 

まず始めは、語学交換サイトでの交流です。

 

外国人と婚活する女性

 

お金はなくても積極的に婚活を行った友達のお話です。

 

 

自分は英語を学ぶ、イギリス人は日本を学びたいという人がネットを通して出会い、情報交換をするのです。

 

語学のサイトでありながら、カップルが出来ることも少なくないようで、友人はいろいろな人との交流を楽しんでいました。

 

中にはそれで付き合うようになった男性もいて、友人はイギリスに遊びに行ったり、男性が来日するということもありました。

 

それから、友人が行った婚活は、外国人ばかりが集まる婚活パーティーに参加することです。

 

これは外国人が多い場所でなければできないですよね。

 

そのために友人は、パーティーに参加するためだけに東京や大阪まで出かけて行ったこともあります。

 

私から見ると、普通に地元で婚活をして男性と出会うわけではないのでかなり大変そうだと思いましたが、友人はとても楽しんでやっていました。

 

 

最終的には・・・京都に住んじゃった

そして最終的な婚活は、京都に移り住んだことです。

 

京都という場所は、外国人に人気のある場所です。

 

何故なら、伝統的な日本文化を体験することが出来るからです。

 

旅行で訪れる人もたくさんいますし、実際に海外から来て住んでいる人もいます。

 

そのために友人もその京都に住めば、外国人と結婚するチャンスがあるのではないかと思ったそうです。

 

確かに京都に移り住んでからは、外国人と知り合うチャンスは増えたといいます。

 

しかし移り住んだだけではやはり結婚までこぎつけることはできません。

 

友人は、更に日本語を教えるボランティア団体に参加したり、外国人が集まりそうな場所に行くように積極的に行動をしていました。

 

その行動が実を結んだのは、それから2年後のことです。

 

結局、はじめに取り組んだ語学交換サイトでは知り合うチャンスはありましたが、付き合いに発展するのは難しかったということです。

 

また、婚活パーティーも距離的な問題等があり、なかなか結婚までは結びつかなかったそうです。

 

最終的に一番効果があったのは、実際に外国人男性と知り合い、交流をし、付き合うようになるというチャンスのあった京都への移住だったそうです。

 

京都への移住は、地元や親から離れるという精神的な寂しさもあったようですが、最終的には友人の目標であった外国人と結婚するということを達成できたので、婚活大成功といえますね。

 

お金はないけど、知恵を振り絞って婚活→結婚した友達でした!

 

 

理想に囚われ過ぎなければ、幸せな結婚は出きる

結婚指輪

 

「結婚したい」そう思った瞬間から、婚活は始まっています。

 

「次に付き合う人と結婚しよう」と決めた私は、自分の結婚生活を想像し、理想の男性の条件を絞りました。

 

まずは自営業者よりサラリーマン。

 

年収は500万円以上。

 

結婚後も仕事をさせてくれる事。

 

性格は穏やかで、頼りなくても良いから優しい人。

 

見た目は顔や身長は気にしないが太っている人はダメ。

 

これが私の理想の結婚相手でした。

 

あれこれワガママに聞こえるかもしれませんが、年収もそこまで贅沢ではないし、これでも絞り込んだ方です。

 

一言で「婚活」といっても、実際には何から始めらたらいいのか分かりませんでした。

 

婚活パーティーも未経験だったのですがまだ勇気がなく、まずは知人からの紹介を積極的に受けました。

 

なんとなくイメージは年上の男性が良かったので、周りにはそう伝えていました。

 

4歳上、10歳上、12歳上の方と出会う事ができましたが、年収が高い男性は仕事を辞めて欲しいというし、見た目のレベルが高い方はちょっとワガママで自分中心の性格でした。

 

完璧な人はいないということは分かっていながらも、やはり結婚相手となると妥協はできません。

 

そしてついに友人に誘われ、婚活パーティーへ参加することに。

 

高収入の人よりも、あくまで人柄第一です。

 

「普通の人」が良かったので、誰でも参加できそうなパーティーへ行きました。

 

当時24歳の私は、参加女性の中でもかなり若い方でした。

 

年齢だけで男性が寄ってきます。

 

 

お金があると、やっぱり婚活するのも楽しみながらできます。

 

しかし、いくら見た目はそこまで気にしないといっても、私が参加したパーティーにはあまりにも見た目に気を配っていない男性がほとんどでしたし、雰囲気の素敵な男性はやはり大人気でした。

 

結局、一番良いなと思った男性とカップルになれたのですが、後日食事をしてみるとかなり女性遊びをしている印象を受けました。

 

案の定、その日のうちに自宅へ誘われ、その人とは二度と会いませんでした。

 

真剣に婚活している女性に失礼です。

 

まだ若いし、その気になれば結婚相手なんてすぐ見つかると思っていた私。

 

何だか焦っているのが馬鹿らしくなり、いったん冷静になろうと思いました。

 

エステに行ったり、仕事を頑張ったり、本をたくさん読んだりして自分を磨かなくてはと思ったのです。

 

そんな時、再び友人から男性を紹介したいと言われました。

 

聞いてみると「私と同じ歳、年収400万円の小さな工場勤務、高校は出ていない、見た目は背が高くイケメン風」という事だけ分かりました。

 

彼氏にするなら良かったかもしれませんが、結婚相手を探している私にはあまり良い条件とはいえません。

 

一度はお断りしたのですが、どうしてもと言われ会うことになりました。

 

すると、確かにイケメンだったのですが、金髪にピアスでかなりチャラい印象だったのです。

 

「ないな…」と思って食事だけして早々帰宅しました。

 

しかし彼は気に入ってくれたようで翌日から猛アピールされました。

 

見た目とは裏腹に、とてもマメで紳士的、穏やかで明るく、5分会うために1時間かけて来るような人でした。

 

「この人と結婚したらこんな家庭になるだろうな」と容易に想像する事ができ、それはまさに私が理想のとする家庭でした。

 

結局その人と付き合い、3ヵ月で婚約、1年で結婚しました。

 

私が嫌がった金髪とピアスはすぐにやめてくれて、今では真面目で子煩悩な良きパパです。

 

「妥協」したわけではありませんが、「こうでなくては」という概念に囚われていてはいつまで経っても結局出来なかったと思います。

 

結婚相手に何を求めるかは人それぞれですが、案外理想は一番遠い人が運命の人になるかもしれません。